Blog&column
ブログ・コラム

バック紙とは何?

query_builder 2022/02/01
コラム
33

写真撮影のテクニックについて勉強していくと、「バック紙」という言葉が出てくることがありますよね。
バック紙とは一体、どういうものなのでしょうか?
詳しく解説していきましょう。

▼バック紙とは
バック紙とは、簡単に言うと「写真撮影時の背景として使う紙」です。
よく雑誌の撮影現場などで、モデルのうしろにスクリーンのような大きい紙が垂らしてありますよね。
これがバック紙です。
部分的な背景ですので撮影現場で見るとちょっとお粗末に見えますが、「写真」としてできあがってみると、あたかも巨大な一枚壁の前で撮影を行ったかのような、立派な作品が完成します。

■色のバリエーション
バック紙の最もオーソドックスな色は「白」です。
どのような撮影にも利用できるため、撮影のプロなら誰もが用意している色です。
その他にもバック紙には色々なバリエーションがあり、赤や青、黄色、さらにはその中間色や濃い色、淡い色など多種多様なカラーが存在します。
レンガ調やタイル調、木目調など特殊な模様もありますので、お好みに合わせて色々なバック紙を試してみると良いでしょう。

■専用スタジオを使うと便利
バック紙は1枚あたり1万円前後ですので、一般の方がご自身で用意するのもそれほど大変ではありません。
ただ、せっかくバック紙まで使って撮影を行うなら、ある程度本格的な機材や環境がそろったレンタルスタジオのほうが良い撮影ができますよね。
DANCE STUDIO classicaのレンタルスタジオでも白のバック紙やレンガ調の背景などプロ仕様の環境をそろえていますので、ぜひご利用ください。

▼まとめ
写真撮影はカメラマンの腕も大事ですが、撮影時の環境を整えることも大切な要素です。
バック紙などの便利な機材を上手に使って、より素敵な「作品」を作り上げてください。

NEW

  • ダンススタジオclassicaオリジナルTシャツ

    query_builder 2021/08/17
  • ダンススタジオを借りたいならレンタルスタジオも便利

    query_builder 2023/02/01
  • レンタルスタジオにはどんなメリットがあるの?

    query_builder 2023/01/02
  • レンタルスタジオなら24時間営業がおすすめ

    query_builder 2022/12/01
  • 安心して利用したいなら招待制のレンタルスタジオがおすすめ

    query_builder 2022/11/03

CATEGORY

ARCHIVE